concept

みつろうエコラップって?

​care for mother nature

KoKeBeeのみつろうエコラップ(KoKeBee the Beeswax Food Wrap)は、コットン布にみつろうとオーガニックホホバオイル、天然樹脂を染み込ませた食品保存用のラップです。

みつろうとホホバオイルの優れた抗菌性により、食品の鮮度と美味しさを長持ちさせてくれるだけでなく、カラフルで可愛い柄で、キッチンを楽しく華やかに彩ってくれます。

 

手の温もりでラップを温めることでどんな形にもフィット。何度でも繰り返しご利用いただけます。

また、使い続けると少しずつやわらかくなり、味わいも増してさらに包みやすくなります。食品を包んだり、器にフタをしたり、サンドイッチやおにぎりを包んだり、アイデア次第で使い方は無限大です。

 

くたびれてきてしまった場合は、温めてみつろうを少し溶かし、再生させることも可能。1年以上何度でも繰り返しご使用いただけます。最終的には土の中で自然分解することで土に還してあげることもできるので、地球環境にもやさしい商品です。

みつろうエコラップを使うとどうなるの?

あなたがみつろうエコラップを使用すると……

•             プラスチックゴミが減らせます

•             人体に有害なBPAなどの環境ホルモンの摂取量を減らせます

•             オーガニック農業をサポートでき、世界中の農薬、殺虫剤、化学肥料の使用量を減らす第一歩につながります

•             その結果、世界中で減少傾向にあるミツバチを増やすことにつながります

•             養蜂家をサポートでき、世界中でハチによる受粉が活発化して地球が元気になる好循環を作ることができます

 
オーガニックコットンを使う意味

コットンから検出できる残留農薬はとても少ないので、科学的なテストによって慣行栽培のものなのかオーガニックかどうかを判別することは、ほぼ不可能だそうです。

それではなぜ、オーガニックコットンを使う意味があるのでしょう。

 

通常の綿花栽培では、大量の化学肥料に加え、害虫駆除、雑草除去、防カビや殺菌消毒、収穫前の落葉剤などの農薬が使われています。また、コットンファームが占める面積は、世界中の耕作地のうち2.5%しかないのに、世界中にある殺虫剤のうち16%もの量が、綿栽培に使われているのです。

大量の化学薬品と密接な関係にあるコットンの慣行栽培。農薬によって土の中の微生物を殺してしまい、土が死に、収穫量は低下。貧しい農民は何とか収穫量を上げようとより多くの農薬を買って借金に苦しむ。そんな悪循環があります。

 

オーガニックコットンは生産に大変な手間がかかるため、とても高価です。それでもKoKeBeeでは、こうした現状からオーガニックコットン製品を少しでも多くの方に使っていただきたく、オーガニックコットンと通常コットンの製品を組み合わせることで、ニーズを高めることとお求めやすい価格設定の両方を実現しました。オーガニックコットンの普及を広げ、オーガニックコットンファームをサポートしたいと考えています。

 

KoKeBeeのみつろうエコラップをひとりでも多くの方に使っていただくことで、オーガニックコットン市場をさらに拡大させ、殺虫剤を始めとする農薬の使用率が下がっていき、土が元気を取り戻して大地の息吹が蘇るよう、願っています。

 
みつろうを使う意味
 

みつろうとは、ミツバチの巣を融解させてロウ分を採取して生成したものです。薄黄色で、植物油などに溶けますが鉱物油には溶けません。ミツロウには、はちみつやプロポリスの成分が含まれるため、保湿、抗菌性、防水性に優れ、自然治癒効果も抜群。肌の炎症や切り傷、火傷にも利用されています。

 

If the bee disappears from the surface of the earth, man would have no more than fouryears to live. No more bees, no more pollination, no more plants, no more man. by Einstein

その昔、アインシュタインが「ハチがこの世からいなくなったら人類は4年で絶滅する」と言っていたことはご存知でしょうか。私たち人間の食べている地球上の作物の約70%は、ハチの受粉活動によって成り立っているのです。

そのハチの数が今、世界中で減少しています。農薬や殺虫剤の影響が、大きな理由ではないかといわれています。

 

ミツバチが消えてしまうと、それまでハチの受粉によって実をつけていた農作物が育たなくなってしまうため、たくさんの野菜が食べられなくなります。家畜のエサとなる穀物も育たないため、肉やミルク、乳製品も食べられません。また、繊維も生産できなくなって、衣類や紙製品もなくなります。ハチがいなくなると、世界が大きく変わってしまうのです。

 

KoKeBeeのみつろうエコラップでは、原料にハチの巣から取れるみつろうを使うことで、これを販売する養蜂家に貢献しています。また、エシカルなやり方で活動している養蜂家を厳選して応援してもいます。

プラスチックが及ぼす害とは
 

プラスチックに含まれるBPAなどの環境ホルモンは、サランラップに包まれた食物など、接するものに溶け出し、それを食べる私たちの健康を害しているのはご存知ですか。プラスチックは、熱するとダイオキシンなどの有毒ガスをも発生させ、空気を汚し、これもまた、私たちの身体にも影響を及ぼします。

また、ごみとなったプラスチックは何千年も分解されないため、土や海を汚し、その汚れた土で育った野菜や、汚れた海で育った魚を食することにより、めぐりめぐってまた私たちの健康を脅かしているのです。

 

想像してみてください。ひとりの人が1日35センチのプラスチックラップを使うとしたら、1年で126メートルものサランラップとその外装がごみになります。

つまり、たったひとりがKoKeBeeのみつろうエコラップをひとつ使うことで、それだけのプラスチックごみや有害物質を減らすことができるのです。それが何十人、何百人、何千人となれば、それだけたくさん、地球に貢献し、豊かな自然の中で暮らすことができるようになります。

 

KoKeBeeのみつろうエコラップを使うこと、それは、今の子どもたちが住む未来の地球への貢献です