プラフリライフは難しい?オーストラリア発信の記事を読んでみよう♡

June 1, 2019

こんにちは。

オーストラリアのブリスベン在住のまりです。

 

日本以外の国の、プラスチックフリーの活動に関する情報をお伝えして行きたいと思います。世界の今の動きなども今後知っていただけたら、嬉しいです。

 

今回から数回にわたって、海外から発信されている、プラスチックをできるだけ使わないで生活するためのライフハッカーズガイド(ちょっとしたコツなど)を、毎回少しづつご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

今回の元記事はこちらです。

https://www.onyalife.com/guide-to-living-plastic-free-life/#Hard

 

****************************************

 

以下、記事より

 

 

プラスチックは環境に、また私たちに、とても有害な物質の一つです。

海洋汚染や自然界にとても有害で、さらに分解することなく何十年も埋立地にとどまり、私たちの地球に破壊的な影響を、短期的にも長期的にも与えています。

 

一番悪いのは、これらの製品を生産している会社です。しかしながら、プラスチックは、安く、簡単に成型でき、無駄が出にくいので、こんなに広く多く使われていることに驚きはでません。

 

いつの間にか私たちの生活にプラスチックがあるのか当たり前になり、どんどんありふれていきました。いま、ここで、プラスチックを減らしていくという事は、この便利さになれてしまった私たちにとっては大きな挑戦です。

 

これから何回かにわたり、お伝えしていくガイドでは、プラスチックのない生活とはどんなものなのか、どんなふうにしてプラスチックフリーをとりいれていくのか、その重要性、減らしていく際のコスト面でのお話などなどが記してあります。


 

****************************************

 

●プラスチックフリーな生活で一番難しい点

プラスチックなしの生活が簡単なのであれば、みんなやっています。私たちの多くはすでにプラスチックが環境を害しているという事をしっています。しかし、プラスチックを使わずに生活するという事はやはりとても難しいことなんです。

 

私たちは、皆さんにこれを読んでプラスチックの使用を減らしていく生活に移行していってほしいのと同時に、できるだけ正直にこのような生活がどんなものか伝えていきたいです。

プラスチックフリーの生活に移行していくのは、大変なことでもあります。しかし、それでもプラスチックフリーにとりくむ皆さんは、自分自身のため、そして、私たちのこの地球のため、とても価値のあることだと話します。

 

 

①プラスチックの代わりになるものを探す

 

プラスチックフリーで生きていくために一番大変なことは、皆さんが普段買っている、プラスチックを含む製品の代わりになるものを見つけることです。プラスチックを含む製品というのは、プラスチックを使って製造されているもののほかに、プラスチックの容器に入って売られているものも含みます。

 

入れられて売られているとか、完全にプラスチックでできているものだけでなく、部分的にプラスチックが使われているものの多さにも気づくでしょう。環境に悪いという大きな問題だけでなく、プラスチックフリーな生活に移行していくことの難しさもまた大きな問題なのです。

 

 

②自分でプラスチックの代わりになるものを作ってみる

 

時には、あなたの使っているプラスチック製品の代わりになるための既製品が見つけられないでしょう。そして、DIY(自作)をしようとするでしょう。

そうなると、あなたは化粧水を手作りしたり、フルーツや野菜を自分で育てたり、ほかにも、見つからない数々の代わりのものを自分で自作する必要がでてくるかもしれません。

 

 

③プラスチックフリーの習慣をつくり続けていく

 

プラスチック製品を買って使うことは簡単です。代わりのものを探していくほうがずっと大変です。

そのため、プラスチックフリーの生活を習慣化し、長くずっと続けていくのは難しいのです。なぜなら、以前のプラスチックのある生活のほうが、やはり、ずっと楽に思えるからです。

 

しかし、健康的な食事をして、日々の運動を習慣化するのと同じように、プラスチックフリーで生きる利点は、それ以上にとても価値があり、深いのです。

 

 

④友人や家族、まわりからの反対、圧力にかかわらず続ける

 

プラスチックをできるだけ使わない生活を始める多くの人々は、このことを予想していませんが、使わないと決めたライフスタイルに変化をもたらす、なかなか続けられない本当の理由はまわりからの圧力です。

 

あなたが日々生活していく中で、またほかの人と出かけた際など、プラスチック製品を買ったり、使ったりするような場面、他の人からの圧力のようなものを感じることがあるでしょう。多くの人々はまだ、なぜあなたがプラスチックを減らそうとしているのか、あまり理解をしておらず、あなたほど真剣に、プラスチックの害が大変なことだと感じていません。

 

このような人々がたくさんいるので、時に圧力を感じたり、居心地の悪さを感じたりするでしょう。しかし、それでもあなたが、どうしてプラスチックフリーの生活にしていきたいのか忘れずに、こつこつ頑張り続けていれば、まわりの人も理解していってくれるでしょう。

 

 

⑤ライフスタイルをかえることに、まわりの人の顔色を気にしすぎない

 

人々は、誰かがライフスタイルを変えようとしているのを見たとき、自分自身と無意識に比較します。そして、あなたのほうがより一層優れていると感じたなら、あなたが考えを変えず、プラスチック製品を使うことを拒否した時に、気分を悪くするかもしれません。

 

あなたがしたいライフスタイルがあるなら、妨げられることを受け入れてはいけません。

あなたは、相手が気分を悪くしたり、怒るようなことをなにもしていないのです。それは、彼らの問題です。あなたが、正しいと思うことを続けていってください。


 

 

 

記事ここまで。

 

****************************************

 

 

 

 

どうだったでしょうか?

どこの国であっても、少数派からのスタートというのには、勇気だったり、エネルギーや情熱がいるのは同じなんですね。

 

 

 

次回は,この記事の続きの、

The Best Parts About Living Plastic Free

プラスチックフリーな生活のいいところ

 

をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

一枚のラップが教えてくれたのは、

 

丁寧に暮らすこと

周りに感謝すること

大地とつながること

 

使えば使うほど愛に溢れた、新しい自分に会える

 

こけびーラップ。

 

 

 

KoKeBeeは、オーストラリアのシドニーを活動拠点とした食品保存用みつろうecoラップの会社です。

 

オーガニックのココナッツオイルとミツロウ、天然樹脂を布にしみこませた食品用ラップを通して循環型の社会、自然と人間の共存を提唱、目指しています。

ラップの販売にとどまらず、プラスチックフリーの活動、体質改善をしたい方へのセミナー、体を動かして健康を維持するなどあらゆる活動を行っております。

 

KoKeBee Webサイト

→ www.kokebee.com

 

KoKeBee facebookページ 

→ https://www.facebook.com/KOKEBEE/

 

KoKeBee使い方動画

https://youtu.be/ZtfjmPY5r1k

 

KoKeBeeのご購入はこちらから     

日本国内→ https://www.kokebeejapan.com/
日本以外の国→ 

https://www.kokebee.com/shop

 

Kokebee認定アンアバサダーになりたい方こちらから

https://ikuu06.wixsite.com/kokebeeambassador

 

プラスチックフリーライフはじめてガイドのFBグループ      → https://www.facebook.com/groups/PFJ.Japan/

 

セミナー、講演、販売などについてのお問合せ → こちら

 

 

 

KoKeBeeラップの再生方法(ボロボロになったラップをよみがえらせる方法)ビデオはこちらから  → https://youtu.be/BNAGlcmqeYU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Kokebee.BLOG

Featured Posts